ハイレゾ、CD、レコード、カセット。音源別で比較をしてみたよ

ある程度オーディオに興味があるなら、ほとんどの人がたどり着く悩みとして

「音質を向上させたい」

が悩みとしてあると思うんです。

音質を向上させたいのであれば、イヤホンをグレードの高いものにする、ヘッドホンアンプを使ってみたり、ケーブルを変えてみる。

あるいは、プレーヤーそのものを高音質な機種に変更するなど。

いくつも見直すべき点がいろいろ出てくると思います。

もちろん、それらを変えて相性のいいものを選んでいく中で、音質はいい方向へと上がっていく。

でも、そもそも肝心な「音源」が良くなければ、どんなにいいイヤホンやアンプを使ってもそこまでの音しか出ないわけで。

「音源」と一口に言っても幅広くあり、それぞれに良さがある。

今回はそこにフォーカスしてお伝えしていこうと思います。

アナログ音源も比較するのはなぜ?

今回のタイトルにカセットやレコードの音源も対象として入れています。

カセットやレコードって古いものだし、最近のハイレゾなどのデジタル音源には到底かなわないものだと思う方もいるかも知れません。

ボクも最近までそうでした。

アナログ音源といえば「音が悪い」

そんなイメージがずっと根付いていたんです。

でもね。

そんなアナログ音源って実はかなり奥が深くって、丁寧に時間をかけて鳴らしてあげたらビックリするくらい高音質なんです。

というか、普通にハイレゾも凌駕するくらいのサウンドレベルです。

今となっては馴染みがない分野ではありますが、ここ最近、そういったレコードブームが着実と盛り上がってきている。

そのことに関しても、この「アナログ特有の音」を聴いたためと思うんですね。

ノイズの面ならデジタルが一番

そんなアナログ音源なんですが、もともと持っている音質自体のポテンシャルは今のハイレゾに迫る、もしくはそれ以上です。

ただし、「ノイズ」を考えなければです。

アナログものに必然的に付いて回るのがこのノイズなんですが、どんなにキレイに除去しても、デジタル音源には敵わない。

無音部の静粛性だったり音源のピュア度は、どうしてもデジタル音源に軍配が上がる。

それも当然でCDが作られた意味としてそういったノイズからの脱却がありました。

ハイレゾに関しては作られた音源をそのまま「配信」されるのでノイズとはほぼ無縁です。

でもね。

そんなノイズも引っくるめてもアナログ音源はとても魅力に満ちた音源なんです。

音源比較

で。

そんな音源たちがどんな音色でどんな音の傾向なのか。

それを一つずつじっくりお伝えしていこうと思います。

使用音源ですが、ボクが世代を超えて愛用している音源として

「宇宙戦艦ヤマト」があります。

ヤマトといえば「音楽」というくらいに、ものすごくこだわって作られているんですね。

劇用音楽を作るのに大編成のオーケストラはもちろん、名だたる名プレーヤーたちが揃って演奏をする。

そんなとんでもなく豪勢なつくりの音楽なんです。

音源に関しても、レコードから始まりカセット、CD、ハイレゾと時代に合わせた形で再販され、現在まで多くの人に親しまれています。

そんなヤマトのアルバムの一枚

「交響組曲 宇宙ヤマトⅢ」で各種音源の傾向をレビューしていきます。 

使うヘッドホンはFOCAL 「UTOPIA」です。

参考記事:「FOCAL UTOPIAの気になる音質は?100%の実力を発揮させてみた結果

あらかじめ、徹底的にカセットやレコードのクリーニングなどは済ませています。

音圧もダイナミックレンジを振り切らない、ギリギリのレベルで調整してあるので、最大限に音源を楽しめるようにしています。

カセット

トップバッターはカセットから。

再生とともに「シィー」というカセット特有のノイズから音楽が始まります。

パッと聴いた印象はかなりクリア。

デジタルで見かける、音圧を無理やり上げたような圧迫感が皆無です。

CDなどのデジタルと一味違う、「透明感」がありますね。

デジタルが「シャープ」な透明感であるなら、カセットは「柔」だけど芯のある透明感あるサウンドなんですね。

広大な空間が広がるというわけではないんですが、そんな独特な透明感、解像度を放ちながら「タイトな低音」を鳴らしてくれる。

全体的にスキッキリと柔らかい物腰、余裕のある「伸びやかな音」が特徴的ですね。

「LOVE」の悲哀に満ちた弦の響き、そんな世界観を柔らかくもスッキリ鳴らす。

そんな「表現描写」が心地いいと感じます。

CD

多くの人に馴染みのある媒体ですね。

ノイズのない「高解像度」なサウンドと音源のピッチもより正確に再現されたデジタル記録メディアです。

透明というよりパキッとした解像度が聴いていて伝わってくる。

それと同時にアナログ音源には感じた「生々しい余韻」なんかが薄く感じるんですね。

もちろん「いい音」ではあることに違いはないんだけれど、音源の情報をクールに表現している印象ですね。

「ヤマト新乗組員のテーマ(1995年盤)」の勇ましいブラスとドラム、そこに掛け合わさったストリングスが気持ちを高ぶらせます。

でもそんな熱量をCD音源は「淡々」と再現している印象に感じます。

ハイレゾ

で。

音源としては、現時点での最高レベルを誇るハイレゾ音源です。

聴くのは「THE SUN 太陽のシンフォニー」

太陽の美しさと、その悲壮感を表現した名曲です。

これをハイレゾで鳴らしてみると、CDのようなクールすぎる解像度はなく、どこか温かみを醸し出しているサウンドですね。

曲前半の太陽の美しさを表現したパート。

スキャットとハープ、弦楽器なんかの兼ね合いがとても清らかに流れていて、スゥーと伸びる「鮮やかな余韻」が群を抜いている。

かつ後半部、太陽の悲壮を描いたパートから入ってくるシンセサイザー。

これが太陽の惨状と驚異を見事に演出しているんですね。

そこがハイレゾだと鮮明に聴こえてくる、頭にそんな惨状やイメージが浮かぶんです。

この「余韻表現」こそハイレゾの醍醐味と感じますね。

レコード

最後はレコード。

カセットもそうですが、レコードに関してはCDのように「パッ」と置いて再生したら聴けるものではなく、プレーヤーの速度調整や針の清掃、レコード盤そのものも聴く度にクリーニングする。

そんな手間隙をじっくりかけて、そこでようやく音が聴けるんですね。

しかもその「手間」をどれだけ深く掛けられるのか。

そこで出てくる音に雲泥の差がでるんです。

そんな「生き物」のようなレコードで聴く一曲は「ルダ王女のテーマ」です。

優しいピアノと弦の響きがどこまでも優雅な一曲なんですが、これがレコードで聴くと演奏者との距離がグッと近くなる。

目を閉じると、「楽器の音に吸い込まれる」そんな音楽性豊かなリアルなサウンドをレコードからは感じるんです。

デジタルにはない「音の深み」が一音一音から溢れているんですね。

ハイレゾをも上回るアナログサウンド

この辺で拙い音質レビューはやめておきます。。
(あまりに下手すぎて何度も書き直しましたが、それでもまだこのクオリティー。笑)

ここで何が言いたかったかというと、アナログ音源にはデジタルに

「勝るとも劣らない」そんな魅力に詰まった音源なんですね。

最高の状態で聴けるように音源自体はナチュラルに整えて鳴らしています。

そんな状態であれば、最新のデジタルをも上回る「底力」を鳴らしてくれるんです。

音質向上を狙うのであれば、こういった要素も必要不可欠で、自分が音楽に対してどのポイントを良くしていきたいのか。

そこにもよりますが、生々しさや「豊かな音楽性」を求めているのであれば、「アナログ音源」に目を向けてみるのも全然ありだと思います。

比較する意味はなくそれぞれに良さがある

結局のところ。

どの音源がいい、悪いかではなくって、それぞれに良さがあるんですね。

CDにはCDの。

レコードにはレコードの。

ハイレゾにはハイレゾの。

そういった具合に比較する意味はなく、目的や用途、その時の気分で音源を選ぶといいですね。

ボクなんかは、今日はゆったりじっくり音楽を聴きたいから

「レコードの音源を聴こう」

とか

またあるときは、解像度バリバリの激しい音で爽快な気分になりたい。

そんな時に「ハイレゾ」を聴こう。

など。

その時の気分に合わせて音源を選んでいます。

こうすることで、自分が求めている音質や空気感を満たすことができる。

なので、常に音楽が楽しく「いい音」として楽しめるんですね。

終わりに

繰り返しにはなりますが、今聴いている音楽をもっと「良い音質」にしたいのであれば、使っている音楽環境を見直すのは大前提です。

その上で、「音源」について更に目を向けてみる。

その時、きっと新しい音楽体験が待っていると思うんですね。

アナログ音源の再生にはプレーヤーが必須になります。

でも最近の機種であれば、レコードプレーヤーとPC、ケーブル一本で音源を簡単にデジタル化することもできます。

そんな風にアナログ音源に触れるための選択肢は増えてきています。

温故知新という言葉通り、一度そういったところに触れてみて「新しい音楽の視野」も広げてみる。

きっとそこにも楽しみがあると思います。