ハイレゾを楽しもう!イヤホン機種別で音質の違いはあるの?

イヤホンの音質向上を考えた時、アンプやリケーブルなどの要素を見直すかと思います。

確かにそれらを改善していけば飛躍的な音質向上を得られます。

でももっと根本的なところから音質を変えていこうと考えたらたどり着くのは

「音源」

になるかと思うんですね。

案外、音源に関して無頓着になりがちです。

なのでそこを詰めていったときに「ハイレゾ」が登場するわけですが、対応していないイヤホンでもそれが再生できるのか。

イヤホンでも種類別に分けられるのでその辺の音質傾向をお伝えしていこうと思います。

ハイレゾって?

そもそもハイレゾってなに?

と思われる方もるかもしれませんね。

ハイレゾに対応していないイヤホン、ヘッドホンはハイレゾを再生できるの?」でも書きましたが、おさらいしてみると

CDを超えた音源の余韻や空気感をリアルに表現する、より原音に近い音源の事です。

実はCD化する際に元の音楽データってかなり削られているんですね。

要はCDという器に落とし込むがために音源をそこに合わせて削ってしまう。

削るとどうなるかといえば、原音にはあった余韻なんかが失われるんですね。

ハイレゾ音源であれば、CDに落とし込む前の音源をそのまま「配信」という形で受け取れるので、よりリアルなサウンドを楽しめるんです。

イヤホンでも楽しめるの?

で。

そんなハイレゾですが最近ではいろんな「ハイレゾ対応」と謳ったプレーヤーだったりイヤホン、ヘッドホンが出ています。

プレーヤーであればハイレゾ対応の機種でなければ再生自体ができません。

なのでプレーヤーに関して言えば「対応機種を購入する」という明確な答えがあります。

これがイヤホンであればその辺の基準が曖昧なわけで。

一応、ハイレゾ対応と表示されているものを選べば間違いはないですが、

「これまで使っていたイヤホンはハイレゾを再生できないのか?」

なんていう疑問の声が出てくると思います。

でもそんなことは全然なくって。

これまで使っていたイヤホンでも問題なく再生は可能です。

ハイレゾ対応と表示されているものは「40kHz=高域が再生できますよ。」ということです。

あまりにも安くて普通の音源すらまともに鳴らせないイヤホンであればハイレゾの良さは楽しめないかもしれませんが、よほどのことがない限り安心してイヤホンでもハイレゾを楽しめると感じています。

機種別での音質の違い

そこで機種別にハイレゾ音源の違いがどのように現れるかをボクが現在も愛用しているイヤホンを使って鳴らしてみた感想をお伝えしていこうと思います。

選んだ機種はカスタムIEM以外はある程度古い機種です。

それでも今もなお褪せることのないサウンドを誇っているので今回の対象として選別しました。

インナーイヤー型

正確にはカナルオープン型と呼ばれる独自のカテゴリーに分類されるのですが、傾向としてはインナーイヤー型に近いのでこちらに選びました。

final 「Piano Forte Ⅱ」です。

2010年に発売されたのかな。

背面の空気圧調整孔が1つ目タイプ、初期生産分を現在でも使っています。

特徴としてはインナーイヤー型のような立体的なサウンド傾向です。

でもパッと聴いただけでは「いい音」とは思えません。

でも手放すことができない、スピーカーにより近い音質を奏でだします。

で。

このPiano Forte Ⅱでハイレゾを鳴らしてみましたが、もちろん問題なく再生可能です。

もともとスピーカーのような立体感は抜群にいいので、ハイレゾを鳴らすことでよりそれに磨きがかかる。

スゥっと始まるイントロの女性ボーカルの息遣いがとんでもなく生々しいですね。

5000円以内のイヤホンですがまったく再生も違和感のない高音質なサウンドを奏でます。

現在は中古でしかお目にかかれないので、気になる方は中古で狙って見て下さい。

カナル型

Piano Forte Ⅱと同じ時期2011年に発売された、老舗SUHRE SE535を選んでみました。

堅牢な作りと、何でもそつなく鳴らすフラットな音質が今も気に入っていて、上位機種のSE846なんかもありますが今回はこのSE535ではハイレゾを鳴らしてみます。

フラットなだけに音源の良し悪しをありのままに鳴らします。

ハイレゾの中でも一度CD化した音源を更にマスタリングし直して配信されている音源がありますが、そんな音源の強調されすぎた「ドンシャリ感」だったり」音圧稼ぎ」だったりをあくまでもフラットに表現していますね。

こういう音源は聴いただけで疲れてくるので、その辺を正確に描き出す能力は現在でも衰えていないと感じます。

カスタムIEM

カスタムIEMだけは比較的あたらしいUnique Melody 「MASON Ⅱ」を選びました。

(どのイヤホンもボクの偏見と偏りが大きですが特にMASON Ⅱは推していますw)

中域のBAドライバー4基と筐体シェルに空気圧を最適化するための孔が設けれていてトータル12基のドライバーを見事に高解像度に仕上げたカスタムIEMです。

ライブ感やその場の臨場感の描写が他の追随を許さないほどの独自のサウンドなわけですが、ハイレゾ音源だと音楽の表現描写はもちろん、音源にこめられた余韻を繊細に鳴らしてくれるんです。

大げさでもなくて、クラシック系音源のCD盤とハイレゾを聴き比べていますが、その辺のリアルさがMASON Ⅱを通して伝わってきます。

ハイレゾ音源に関して、その恩恵を最大限に活かせる機種だと感じますね。

古い機種でも再生に支障はなし

Piano Forte Ⅱに関しても、SE535にしても発売からかなりの時間が経っているわけで、それでもハイレゾを再生する分にとくに支障はありませんでした。

むしろハイレゾを再生することでこれまでと違う音の印象を感じ取れたので、味が出るという意味でも今回の音質確認は意義がありました。

これらの機種が発売されてからも数多くのイヤホンが出回っていますが、それでも輝きを失わず、ハイレゾ音源をそれぞれの個性を持って再現できたのはいい収穫でしたね。

ハイレゾの良さをフルに楽しむ

今回の音質確認にはプレーヤーとイヤホン直挿しのみで聴いた音質です。

ここにヘッドホンアンプやリケーブルを加えるとさらに昇華していきます。

ハイレゾ音源をすべてイヤホンで再生したいのであれば、やはりこの辺をしっかり詰めていく必要があります。

余談なのですがMASON Ⅱに限ってはアンプもですがリケーブルの線材の種類で劇的に音質が変化します。

参考記事:「【カスタムIEM】音場の広いUM MASONⅡその音質とは?

このことからもアンプなどの機材だけではイヤホン本来のパフォーマンスは発揮できないんですね。

話を戻しますが、「イヤホンの音質が悪い!音質が良くなる5つのステップ」でお伝えした通り、アンプやイヤホンケーブルのトータルバランスでかなり音質傾向も変化します。

ハイレゾ音源の再現力もそのバランスで左右されるので、イヤホンの音質傾向を見極めて、一つずつ相性のいいものを選択する必要があるとそう思います。

終わりに

今回のハイレゾ再生に古い機種を使ったのですが、もしお手元に昔から愛用しているイヤホンがあって、ハイレゾを再生できる環境であるならぜひハイレゾ音源を再生してみて下さい。

きっと何かしらの発見があって、その機種の魅力も甦ると思います。

今回の記事でそういった魅力の再確認やハイレゾの醍醐味を少しでも体感して」いただければ幸いです。