イヤホン、ヘッドホンはスピーカーに勝てないのになぜ高額なの?その理由とは

以前、こんな問い合わせをもらいました。

「音質に関して、イヤホンはヘッドホンに勝てない。ヘッドホンはスピーカーに逆立ちしても勝てないと思いますけど、 
只のイヤホンやヘッドホンで10万円以上もする製品がゴマンと存在するのは何故でしょうか? 

10万円、折角使うならヘッドホンやイヤホンとはくらべものにならない良い音質のスピーカーが買えると思うのですけど。。」

こんな内容の問い合わせでした。

スピーカーはヘッドホンに勝てないのは、多くの方が実感されていると思います。

極端にいえば安価なコンポのスピーカーですら、イヤホン、ヘッドホンが太刀打ちできないという場合もあります。もちろん、それはハイエンドと呼ばれるクラスでもです。

なのにそれらの機種はとても高額。

結論から言えば小さくなればなる程、それに伴う技術が必要になります。

なので技術代としても価格は跳ね上がってしまう。

あとは部材に関してもいい素材を使えば当然、それも加味されてきます。

イヤホン、ヘッドホンがスピーカーに勝てない理由。

そしてイヤホンとヘッドホンが本当にスピーカーサウンドを鳴らせないのか。

そのあたりに着目してお伝えしていこうと思います。

なぜスピーカーに勝てないのか?

じゃあなぜスピーカーがいいのか。

なぜ、イヤホンやヘッドホンはスピーカーに勝てないのか。

それは、そもそもの大きさがまず一つ。

イヤホン、ヘッドホンと比較してもそのサイズからくる物理的な問題がある。

当たり前のようですが、鳴らす振動板も規模も圧倒的に違います。

それはコンポなんかの小さいものでも同じです。

二つ目に、空間を介し体全体で聴いているので、音はより立体的、そして各帯域が埋もれることなく分離よく楽しめます。

イヤホン

イヤホンだとこの空間表現、つまり部屋の中で音楽を再生したときの空間的広がりを得にくいために、どうしてもこもって聴こえがちです。

イヤホンは耳の中に入れて聴くものが多く、鼓膜にダイレクトに音楽が届くので、より細かな音楽描写を楽しむのに非常に有利なんですね。

ただ密閉して聴いてる分、音の広がりや空間表現がどうしても失われてしまう。

もちろん、インナーイヤー型なんかは耳に直接入れず、耳の蓋に乗せるタイプなのでより音抜けのいいサウンドが楽しめます。

それでも、音の厚みだったり深い低音域は薄くなってしまう傾向です。

これがカスタムIEMになると比較的にヘッドホンに肉薄するサウンドとなる為、さらなる音質向上を狙うのであればカスタムIEMを視野に入れるとイヤホンでも最上ランクの音を体感できるますね。

相性の良し悪しはありますが、リケーブルやアンプとの組み合わせで飛躍したサウンドを発揮する機種も存在します。

ヘッドホン

ヘッドホンは耳を覆うように装着するので、イヤホンよりは音の立体感を得やすいです。

特に開放型と呼ばれるタイプは音抜けがよく解像度や透明感がいい。

イヤホンと比較してもハウジングや振動板も大きくなるのでより、ダイナミックでワンランク上のサウンドを楽しめるので、イヤホンよりヘッドホン派という方も多いと思います。

密閉型になれば音に閉塞感が生じて、ハイエンドクラスまでいかないと中々実感が掴みにくケースもありますが、ドスの効いた低音域などこれでしか味わえない魅力もあります。

後ほどお伝えしますが、このヘッドホンであればスピーカーサウンドにより近づける究極の機種があります。

イヤホン、ヘッドホンが高額な理由

で、

冒頭でもお伝えしたんですが、じゃあなんでスピーカーより遥かに小型なイヤホンとヘッドホンが高額なのか。

両方ともに20〜70万円くらいするようなとんでもなく高価なものもあるくらいで、それだけの金額であればスピーカーもそこそこ良いものが買えたりします。

なぜそんなに高価なのか。

その理由が

  • 小さく細かい部材を組立てるノウハウが必要
  • 使用している素材が高価
  • 設計から組立てまでを自社で行なっている
  • 音質向上のため、繊細な工夫が必要
  • ある一定の需要があり、また確たる信念のもと、コストを度外視した音作りになっている

などです。

小さく細かい部材を組立てるノウハウが必要

ヘッドホンもそうだしイヤホンであればなお本体が小さくなってきます。

なので単純に考えてみても、小さなイヤホンの中にもっと小さいドライバーユニットだったりBAドライバーを入れる。

んでそれを細かい配線でつないで組み立てていくんですね。

それが高価なものになるほどより精密に歪が出ないようにきっちり組んでいく。

また独自の技術だったり、そんなものがプラスアルファされれば組み立てるのにもより精度が求められます。

簡単に大量に生産できるイヤホンなどと違って、その辺がどうしても「高い」につながる由縁なんです。

でもね。

これはオーディオに関わらず、いろんなシーンで言えることと思うのですが、安くて多量に生産できるものであれば、所詮その程度です。

変えが簡単に効くし、すべてではないにしろ大量生産品は大した品質でないのは確か。

それはイヤホンやヘッドホンでもしかり。

どうしても音質面では決していい音と感じないはずです。

仮にいい音と感じても、変にチューニングしてあったりよけいな味付けをしてある帯域だけを強調してしまうものもあります。

ハイエンド級の機種であれば、確かな技術のもとにより精度の高い音質向上の取り組みをしているので、「高価」ではあるけれど、より満足のいく音質とイヤホンやヘッドホンを「持つ喜び」を得られると思います。

使用している素材が高価

精度の高い組み立て技術うんぬんの前に使ってる「素材」がそもそも高価な場合。

これは高級機でみかけますよね。

ハウジングが高価な「金属」だったり、「振動板」の加工が難しくてそれだけでもかなりのコストがかけられていたり。

素材と音質。

これらが両輪になることでよりグレードの高い機種へと昇華します。

それでも一部の製品を除いて、スピーカーサウンドとまではいかにしろ、「イヤホン」「ヘッドホン」という型枠を超えれるサウンドは楽しめるとボクは思うんです。

設計から組立てまでを自社で行なっている

これができるメーカーとなるとかなり限定されてきます。

でもこれを実現できるメーカーは強い。

設計から生産まで自社でできるので、ドライバーユニットなんかも他社に頼らず自社生産のものが使えます。

専用に作るので音に関しても微妙な劣化がなく、メーカー独自のピュアなサウンドを楽しめるんです。

もちろん、価格に関しても高価になりますが、それでも十分に価値のある対価だと思います。

音質向上のため、繊細な工夫が必要

メーカー独自の技術や工夫ですね。

たくさんのメーカーが存在しますが、高価な機種は「音が良いのは当たり前」なわけで。

そこからより際立たせるためには独自の技術や工夫なんかがポイントとなるんですね。

ドライバーの最適な取付位置だったり、イヤホン筐体にベント(穴)を開けて、空気圧を調整してみたり。

ヘッドホンであれば、イヤーパッド一つでもいろんな材質のものが存在しています。

この独自の創意工夫にも当然コストがかかって価格に上乗せされるんですね。

ある一定の需要があり、また確たる信念のもと、コストを度外視した音作りになっている

メーカーの中にはコストや価格を度外視して、「いい音」を追求するためだけに、あらゆるノウハウを詰め込んで製品づくりをする。

そんなメーカーもあるんですね。

価格はビックリするほど高い。でも音や品質自体は極上品。

製品からはそういった信念をヒシヒシと感じる、まさに高価な機種にふさわしい風格をかね備えています。

そういったメーカーの姿勢からは多くのお客さんが集まるので、需要はどんどん高まっていき、さらに斬新で魅力的な製品につながるんですね。

スピーカーに迫る音

こんな感じで、ハイエンドイヤホンやヘッドホンがなぜ高価なのか。

細かくお伝えしましたが、じゃあ、それでも「スピーカーには勝てないんでしょ?」

なんて声が聞こえてきそうです。

そんことはなくって、限られたハイエンドイヤホンやヘッドホンには「スピーカー」により近いサウンドを奏でてくれるそんな機種はあります。

日本のfinalやフランスのFOCAL社がそれを実現しています。

高級ヘッドホンと安いヘッドホンでは何が違うの?隠された真実を徹底解剖。【ヘッドホン篇】

【イヤホン・ヘッドホン】値段が高いほど音は良い。→いやそんな事もないという話。

でも書きましたが、これほどまでに音作りに一点集中して、より高い次元のサウンドを実現しているメーカーはないと思います。

終わりに

イヤホンやヘッドホンは小型ゆえに、それに付随する技術面なんかで高騰化してしまうと繰り返しお伝えしました。

結局のところ、より身近で、場所を選ばず音楽を楽しむのか。

それとも落ち着ける自宅でスピーカーサウンドをしむのか。

この二つが浮かんでくると思います。

「音」だけにフォーカスすると、どうしてもスピーカーが一番になってきます。

聴こえ方に関してはどの帯域をとっても、やっぱりスピーカーを超えることはできない。

反面、スピーカーで聴く場合、場所は限られるし、住んでいる場所によっては時間帯も考えないといけないかもしれません。

そういう意味ではハイエンドイヤホンやヘッドホンに軍配があがり、耳の近くでスピーカーでは感じ取れない、新しい音楽の発見や感動があるのも確かです。

なので、スピーカーより高価になる場合もあるハイエンドイヤホン、ヘッドホンなんですが、それでも選ぶ価値は十分にあると僕はそう思います。