ハイエンドヘッドホンに真空管アンプを使った方がいい5つの理由

いつだったかこんな質問をもらいました。

「ハイエンドのヘッドホンは相応のアンプがないと本領を発揮できないって本当ですか? 選ぶなら真空管アンプを使ってみたいですが、ヘッドホンと相性がいいのか分からないのでその辺も知りたいです。」

結論としては、ハイエンドヘッドホンに限らず、アンプを繋いだほうが確実に
ヘッドホンが持っている潜在能力を引き出してくれます。

なので、アンプを使った方が本領を発揮できるとボクは考えています。

特別、鳴らしにくいヘッドホンではなくとも、その伸びしろをすべて出し切る意味でもアンプはオススメなんですね。

ただやっぱり、安物のアンプよりはしっかり作り込まれたアンプの方が歪やノイズが少なくて、どうせ選ぶなら相応のアンプがいいです。

中でも真空管アンプは音も個性も、いわゆる半導体オンリーのアンプより表現や表情が豊かなんです。

なんで真空管アンプなのか?

安価なものから超高額まで幅広くアンプは存在しています。

各メーカーがこぞって個性的な機能や音色を兼ね備えたアンプを開発しているわけなんですが、なぜこれだけ技術が発達し、最先端の技術をふんだんに取り入れたアンプも選ばないのか。

過去の遺産、「真空管」を使ったアンプがいいのか。

それは

  1. 真空管にしか出せない音色がある
  2. 各メーカーのビンテージ管でサウンドが違う
  3. ビンテージ真空管を集めて持つ喜びがある
  4. アナログならではの楽しみ方ができる
  5. 良質なヘッドホンと組み合わせる事で飛躍的な音質向上ができる

などなど。

半導体アンプと比較しても、扱いだったりが大変なことも多いですし、特性をそろえたり、手間も暇もかなり必要です。

でもそれをあえて選んでいいくらい音が良質なわけなんです。

1. 真空管にしか出せない音色がある

真空管アンプの音っていうと「温かい音」「残響間があってまるでホールで聴いているような音」が思い浮かんでくるかもしれませんね。

上記であげたような音質、特徴をもつ真空管が存在しているのは確かです。

でも、実際の真空管の音っていうのは「解像度が高く、弾むような低音域、広い空間表現」などの通常の半導体アンプと肩を並べるかそれ以上のサウンドを叩き出す。

そんなとんでもない底力を秘めているんですね。

真空管ってそれ単体で見ると内部特性がまばらだったり、出力管やドライバー管として使った時、左右のバランスが悪ければ当然聴こえ方もアンバランスなものとなります。

あるいは真空管の歪やチャンネルセパレーションだけで見てみると、半導体アンプのほうが有利なのは確かです。

じゃあなぜ真空管が良いのかといえば、そんな数値上の歪や特性が半導体アンプと比較して悪いとなってはいても、出てきた音として聴いてみるとそれらが総合的に「音」を良くしてくれるんですね。

もっといえば、ハイエンドヘッドホンと組み合わせる事での相乗効果が如実です。

各メーカーのビンテージ管でサウンドが違う

で、

出力管で例えるなら、6AS7Gや6080という名称の真空管が存在しているわけなんですが、基本的に6AS7Gを生産するのであれば、どのメーカも特性自体はどれも同じです。

しかし製造されたメーカーや製造国、または年式なんかでも音は変わってきます。

年式に関しては、同じメーカーの真空管でも変わります。
(例えば1950年代、WE421Aと1960年代後半WE421Aなどがそうです)

なぜ変わるのか。

まず、先ほども少し触れましたが、内部特性の微妙な二次歪が音に影響します。どういう影響かといえばその歪が「倍音」を与えるんですね。

美音と言われる心地の良いサウンドに変化するんです。

一見、歪といえば悪い印象を受けますが、真空管に限ってはそういったところが思わぬ副作用となる。

そこが真空管の面白いところなんですね。

大まかに大別するとアメリカ製造やヨーロッパ製造の真空管だと、「パワフルで攻撃的なサウンド」「倍音が美しい美音系サウンド」などと区別されることがありますが、実際のところ確実に音の違いは明確にあります。

そこを詳しく掘っていけば、先ほどからお伝えしている通り、製造国やメーカの違い、内部の特性、歪なんかが絡んでくるわけです。

半導体にはない、そういったアナログならではの面白みと深い味わいが得られます。

ただし、真空管アンプでは半導体とのハイブリット機が割と多いので、選ぶのであれば真空管稼働率が100%の機種を選ぶと、真空管そのものの味わいを体験できます。

おおよそ真空管アンプと謳ってはいても内実はほとんど真空管が稼働しておらず、半導体が主になって音の傾向を決めている。

なんて事もザラにあるので注意が必要です。

要は真空管は味付け程度の役割しかしていないイメージですね。

あとは真空管を一応は使っているので購入意欲を掻き立て役割くらいでしょうか。

明らかに半導体に頼ったハイブリット機と純粋な真空管アンプとでは出てくる音に決定的な違いが現れるんですね。

例えば某有名なメーカーで6111なんかのサブミニチュア管を使って、真空管アンプとして売りにしていますが、現状では真空管のプレート電圧が12v程度とかなり低い。

つまり真空管が動いていないことを意味するんですね。

見た外観は作りもしっかりしているし、真空管がはっきり眺めることができて、持つ喜びこそあります。

が、

音に関してはとても薄い。線が細いというか。

半導体のみのアンプとも違う音ですが、真空管稼働率100%のアンプと比較したら、音の厚みだったりパワフルな低域だったり。解像度だってそう。

そんなところが明らかに、ケタ違いに変わってくるんです。

なのでその辺を見極めて選ぶ必要があるんですね。

ビンテージ真空管を集めて持つ喜びがある

また真空管が作られていた全盛期のヴィンテージ真空管であれば、各メーカーの個性的なパッケージやラベル、デザインなんかがとても魅力的でそれだけでも思わず集めたくなってしまう程です。

同じ名称の真空管であっても、それぞれのメーカーで内部構造が違ったり、あるいは熟練工が厳選されたパーツで作り込むなど、各社で個性と技術がにじみ出るんです。

特にヨーロッパ、g.e.cブランドはパッケージやデザインの質が群を抜いていて、音もさることながらデザイン性も楽しむことができます。

アナログならではの楽しみ方ができる

真空管アンプをとことん楽しむためには、使う真空管の内部状態をしっかり把握する必要があります。

相互コンダクタンス、いわゆるGm値だったり、Em値(真空管の寿命)のバランスをとって左右で揃えると音圧差の少ない、安定したサウンドを楽しむことができます。

なので、もし自分で真空管を買うのであれば、そういった数値を意識してみるいいです。

真空管には寿命があって、ヒーター断線やゲッター膜の減少、内部のショートなど意識することはたくさんあるのですが、そのあたりが昔ならではのアナログの良さとも言えます。

それだけ手間暇かけて丁寧に扱うからこそ、いい音につながり、愛着になると思うんです。

ポタアンに採用されているサブミニチュア真空管であれば、さほど扱いに関しても難易度はとても低いので、初めのうちは真空管ポタアンから入るとスムーズに真空管の音を楽しめます。

良質なヘッドホンと組み合わせる事で飛躍的な音質向上ができる

でここが本題です。

真空管アンプを選ぶメリットはお伝えした通りなんですが、その真空管サウンドを余すことなく鳴らすためには、ハイエンドヘッドホンが最適なんですね。

耳もとで楽しむと考えたなら、イヤホンもいいですが、断然ヘッドホンの方が良い。

参考記事:「ハイエンドイヤホンと高級ヘッドホンは全く別物と思った方がいい理由

ボクはFOCAL UTOPIAを愛用していますが、基本的にUTOPIAはドライブ力の低いアンプだとその本来の実力を十分に発揮できないんですね。

でも100%真空管の増幅のみで鳴らすアンプであれば、UTOPIAの実力を目覚めさせてくれます。

味付けのないピュアなサウンドを鳴らすUTOPIAであれば真空管の個性をも鮮明に描き出すんです。

もちろんUTOPIAに限らず、ほかのハイエンドヘッドホンでも強力にドライブするので飛躍的な音質向上につながるかと思います。

おわりに

真空管アンプは扱いずらい。

そう思われる方もいるかもしれません。

数値的なものや特性、そういった小難しい要素がたくさんあるのは事実なんですが、でもやっぱり実際に聴いてみるとそれでも真空管アンプを選んでしまう。

半導体アンプを聴こうと思わなくなるんですね。

ハイエンドヘッドホン自体はインピーダンスだけで見ると特に鳴らしにくいってことはそこまでないと思うんですね。

でも、アンプをつなぐか繋がないかで音は確実に変わってきます。

そして、突き詰めれば電源だったりDACなんかの要素も大いに関わります。

けれど真空管アンプは「劇的に」といってもいいほど、聴く楽しさ、見て楽しむ。

そんな深い「音楽を聴くことのへの楽しみ」を実現してくれるんですね。

なので、もしハイエンドヘッドホンを買った、あるいはこれから買う方でアンプをどうするのか悩んでいる。

今回の質問者の方のようにそのことで悩んでいる方がいるのなら、ボクは「真空管アンプ」をおススメします。

この記事が、いい音を鳴らせるお手伝いができたのなら幸いです。