「イヤホンとヘッドホンはどう違う?気になる音質の差とは。」

ふだん何気なく使っているイヤホンやヘッドホン。

一口で言ってはみてもなかなか奥が深く、それぞれの種類や用途で音質に大きな影響をもたらします。

今回は両者の違いやそれぞれの音質の差をあらためて振り返ってみようと思います。

イヤホン編

イヤホンは大きく分けて2つの種類があって

  • カナル型
  • インナーイヤー型

に分けられます。

カナル型はゴム製のイヤーピースが付いているものがほとんどで、耳の中に入れ込むタイプのことを指します。

遮音性が高くて、環境に左右されず音楽に集中したい人におススメですね。

インナーイヤー型とは耳の入り口、耳介(じかい)に引っ掛けるタイプです。

身近でよく見るものだと、スマホに付属で付いてくるイヤホンの事ですね。
装着がとても楽で、音の広がりや開放的な鳴り方をするので、ライブ音源とか好きな方にはとても合うかと思います。

上記の2つ以外にも

カナルオープン型」といわれるものや、「カスタムIEM(イン・イヤー・モニター)」などもあります。

カスタムIEMはよくテレビの歌番組なんかで見かける、アーティストが付けているイヤホンですね。
耳型を採取して、それをもとに自分オリジナルのオーダーメイドイヤホンを作ることができます。

ドライバーの種類

イヤホンには必ずドライバーユニットといわれるものが入っています。
簡潔にいうなら音を鳴らす部分ですね。

それも基本的に2種類あって、その代表格が

  • ダイナミック型
  • バランスド・アーマチュア型(BA型と略されることが多いです)

になります。
ダイナミック型は、分かりやすく例えるならスピーカーの振動板のイメージでしょうか。
低音域の表現がよく、深みのある重低音が楽しめます。

バランスド・アーマチュア型はもともと補聴器で使われていたユニットで、小型ながら繊細な音作りが得意で細かい音に表現に長けています。

ヘッドホン編

イヤホンは耳に入れ込むものを指しますが、耳に覆うように装着するのいがヘッドホンの特徴になります。

こちらも大きく分けて2種類あって

  • 開放型(フルオープン)
  • 密閉型(クローズド)

になります。

もう一度おさらい。開放型と密閉型の違いとは?

でも詳しく話しましたが、
「耳元で音楽を聴くというよりもスピーカーで聴く感覚に近い」です。

最近ではファッションの一部としても人気があったり、それに伴っていろんなデザインのヘッドホンが登場しています。

基本的にその手のタイプは、密閉型に振り分けられます。

逆に家でじっくり楽しむタイプは開放型が多いですね。
大型のものが多く、ハウジング(筐体)部分にメッシュ状の穴が無数に開いているのも特徴です。

それぞれの音質

ここまでざっとですが駆け足でイヤホンとヘッドホンについて振り返ってみました。

イヤホンは耳の中に入れて聴く、ヘッドホンは耳を覆うおように音楽を聴く。

その違いで、音楽の鳴り方や聴こえ方が違ってくるのは何となく想像できるかと思います。

イヤホンとヘッドホンではそもそもの構造的にも、大きさも違う。

だから比べるのはどうかなぁ、とも思います。
でも、音質的にはどちらにもそれぞれの”良さ”があって、イヤホンでもヘッドホンに肉薄できる音が出せたりするので、そこが面白いなって思います。

余談なんですが、イヤホンと合わせてポタアンを繋いだり、リケーブルで高価なものを使ったり…。
ボクもいろいろ付け替えたり楽しんでいた時期があって、ある時ふと、


「買った時の素の状態ってどんな音だっけ?」

と思い、買った時の元の状態にすべて戻して聴き直してみました。

「すごい!こんなに広い音場だったの??」

って衝撃が走りました。
思わず聴き入ったくらいです。笑

もちろん、リケーブルなり、ポタアンを繋いだりして音質向上を図ることで劇的に変わる機種もあります。

でも、素の状態、購入した時の”純正品”のまま聴くのがベストな機種も存在するんですね。

それは、市販品のイヤホンでもカスタムIEMでも言えることなんです。

この辺がオーディオの深みであって面白さだなと痛感した次第です。

話が脱線しましたが、ヘッドホンは全帯域、音幅を広く聴き分けられるので、「音楽をとにかくいい音で楽しみたい」って方にはおススメです。
密閉型は構造的に、豊富な重低音が楽しめるのでそれに特化したヘッドホンもあります。


もちろん、イヤホンにもそれぞれの音域に特化したものが無数にあります。
イヤホンのメリットといえばとにかく軽く、気軽に音楽をどこでも楽しめることですね。

ここ数年でBluetooth接続イヤホン、コードレスな製品も出ているので侮れません。

おわりに

イヤホンでもヘッドホンでも、それぞれに適した使用用途があるので、今回の記事を参考にチョイスしてもらえると幸いです。

自分が好みと思えるもので聴けたときに、音楽がとても楽しくて、その高揚感はたまりません。
ぜひ、自身が好みと思える”軸”を大切に、機種を選んでみてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする