「もう一度おさらい。開放型と密閉型の違いとは?」

ヘッドホンには2種類の「型」があり、

「開放型ヘッドホン」
「密閉型ヘッドホン」

に分けられます。

それぞれに使用用途があるのでここでもう一度おさらいしたいと思います。

開放型ヘッドホンって?

「開放型ヘッドホン」または「オープンエアー型」なんて呼ばれたりもします。

“音の広がり”が何よりの魅力で、耳元で音楽を聴くというよりもスピーカーで聴く感覚に近いです。
全帯域、幅広く聴き分けられるので、音の分離や

音を一つ一つ楽しみたい

という方におすすめです。

ヘッドホン本体はハウジング(筐体)の背面にメッシュ調の穴が開いているのが特徴で、
その構造上、どしても外に音が漏れます。

また、大型のものが多く、ハイエンドと言われるヘッドホンを中心に採用されていて
密閉型より音質が有利という面もあり、室内でじっくりと音楽を楽しむのに向いています。

密閉型ヘッドホンとは?

開放型と対照的に、ハウジング部の背面に穴が開いていないタイプを密閉型(クローズド)ヘッドホンとされています。
密閉型のヘッドホンと比べて音漏れがしにくく、気軽に外に持ち出せるという点に優れています。

装着感がよく、デザインも開放型よりバリエーションがあるので、その日のファッションに合わせてヘッドホンを合わせる。

そんな”ファッションアイテム”としての活用ができますので、より楽しみの幅が広がりますね。

密閉型は遮音性が高く、”低域の再現力“が特徴的な音質です。
重低音が好みの方にもおすすめですね。
実際にそれに特化したメーカーも存在するくらいです。

開放型ヘッドホンのメリット・デメリット

開放型ヘッドホンのメリット

開放型ヘッドホンは”音の広がり”に特化しているので比較的、聴き疲れをしにくく、
耳への負担を少なくできます。

その特性から長時間の視聴にも向いていて、映画やライブDVD、クラシック系などの
「臨場感」を必要とする音源にも相性が抜群です。

スピーカー寄りのサウンドを耳元で体感できるので、生々しい演奏の空気感だったり

ライブ音源だったら、ヴォーカルの吐息なんかがとてもリアルでその世界感に浸れますよ。

開放型ヘッドホンのデメリット

開放型ヘッドホンのデメリットとすればやはり外部に音が盛大に漏れてしまうことでしょうか。
構造的に仕方のないことですが、良い音質を奏でてくれる分惜しいですね。

たまに密閉型を外に持ち出す猛者を見かけますが、音漏れで周囲に迷惑をかけたり、
外の騒音がどうしてもノイズとして入るので、必然的に音量を上げると思うんです。

それに伴って耳にも負担がかかるので、屋外での開放型ヘッドホンの使用はやめた方が賢明かと思います。

密閉型ヘッドホンのメリット・デメリット

密閉型ヘッドホンのメリット

密閉型ヘッドホンのメリットはポータブル環境でもヘッドホンを外に持ち出せるという点ではないでしょうか。
音漏れが少なく、細かい音や豊富な低音域を楽しめるのが特徴です。

それぞれのメーカーでデザイン性のあるモデルも多数あるのでファッションとしても楽しめます。

製品ラインナップの幅が広いので自分の好みや用途に分けて、いろいろ選べるという事も魅力的ですね。

密閉型ヘッドホンのデメリット

これもまた構造上、仕方のないことかもしれませんが、
外部との密閉性が高いためにどうしても音がこもって聴こえてしまうんです。
「音の広がり」や「解像度・明瞭度」を求めている方にはあまり向いていないかもしれません。

開放型、密閉型、すべてのヘッドホンに言えますが、特に夏場は耳が蒸れてしまったりするので
ヘッドホン本体やイヤーパッドの定期的なクリーニングはこまめにしていきたいですね。

おわりに

開放型ヘッドホンと密閉型ヘッドホンのそれぞれの特徴を振り返ってみました。

この二つ以外にも「「半開放(セミオープン)型」」と呼ばれる
上記の両ヘッドホンの特性を併せ持った機種もあったりします。

それぞれの使用用途で使い分けてヘッドホンライフを楽しみたいですね。

個人的に「開放型」と「密閉型」の両方で”ヘッドホンを通して音楽を聴いているという”
感覚を超えた機能を見つけたので興味のある方はこちらも読んでみてください。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする