「ヘッドホンの存在が消えた!? 未知の音楽体験」

みなさんは音楽を聴いていて「ヘッドホンの存在が消えた」という体験をしたことはありますか?

うん?何言ってるの??
と思う方もいるかもしれません。

どういう事かというと、普通にヘッドホン等で音楽を聴いている状態で、
「コンサートホール」や「ライブ会場」、
あたかも「目の前で演奏している」かのような、自分の意識が一瞬でもその現場にいるような、
そんな風に感じる体験のことです。

イヤホンでも「ライブ会場」は再現できる

ガチガチの機材を揃えて、音楽環境を万全に整えないとそんな体験はできない。

というわけではなく、イヤホンとかでも疑似体験できたりします。

しかし、それは「イヤホン」を新調したばかりで気分が高ぶっている時とか、
安定してその状況を得られるかと言えば、なかなかそう感じない時のほうが
多かったりするんですね。

もちろん、常に「ライブ会場」を再現できるイヤホンも存在しているのは確かで、そちらについては別で詳しくお話しようと思います。

ヘッドホンの場合は?

ヘッドホンは「密閉型」と「開放型」の2種類があります。
「ライブ会場」を疑似体験するには、密閉型より「開放型」の方に軍配が上がります。
なぜかといえば構造上、自然な音の広がりを感じやすく、

「耳の近くで鳴っている音を聴く」、というよりも

「スピーカーで聴く感覚に近いため」
なんですね。

イヤホンよりは疑似体験しやすいですが、それでもまだ
“ヘッドホンで聴いている”

という意識からは抜け出し難いです。

未知の音楽体験ができるヘッドホン

よりライブ感を得たいと思うなら「スピーカー」が一番です。

安価なスピーカーでもそれなりに全帯域ばっちり鳴らしてくれて
目を瞑れば容易にライブの世界に入れます。

でも、ヘッドホンでそれが実現可能ならどうでしょう?

それを可能にするのがFocalヘッドホンなんですね。

開放型の「Utopia」は完璧に鳴らし切りさえすれば、音が鳴った瞬間から
常に、ライブ感をも超え「未知の音楽体験」に導いてくれます。

実は、Utopiaだけではなく密閉型の「Stellia」もそれに近い能力を発揮するんです。

二つに共通しているのは音の肝、振動板に「ベリリウム」を使っているという点ですが、
それ以上に大切なのが

スピーカー

を強く意識した音作りがなされているという事です。

まさに、「ヘッドホンで聴いている」という感覚から脱却したヘッドホンなんですね。

ウルトラニアフィールドスピーカー

Focalがそう表現していますが、かなり納得がいきます。

おわりに

手持ちのイヤホン、ヘッドホン、プレーヤーだったりアンプだったり。

それらの相性や組み合わせ、相乗効果で音はいろんな変化をするので、
「コンサートホール」や「ライブ会場」、「目の前で演奏している」ような感覚はその都度味わえるかもしれません。

しかし、スピーカーを使わず、それを耳元で実現するのなら
「Utopia」と「Stellia」を断然、ボクはオススメします。

きっと「未知の音楽体験」その領域へ誘ってくれます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする